アパート経営には適切な火災保険を

暮らしの中でリスク回避の一般的な手段として各種の保険がありますが、アパート経営においてはどんな保険がリスク回避に役立つのでしょうか。

まず頭に浮かぶのが火災保険です。実はこの保険には色々な機能が含まれています。
もし、賃借人の部屋から出火したとしても、原因が居住者の重大過失でない限り家主さんは出火元の賃借人に対して損害賠償を求められません。
火災の原因は電気のショート、あるいは放火なども考えられ、賃借人のミスとは限らないのです。火災保険はこんな時に経営者にとって役に立つでしょう。

また、アパート経営者は建物の管理責任を負っていますので、例えば給排水設備の破損や雨漏り等で賃借人の家財などに損害を及ぼした場合は、これに対して損害賠償の責任が生じます。
これも火災保険を利用することでリスクを回避あるいは軽減出来ます。これは家財保険とも呼ばれますが火災保険に含まれています。

しかし、家財と言っても色々な考え方が出来ます。家具・電化製品等の生活上の動産から、掛け軸・花瓶、その他、場合によっては高価な品物もあります。
この部分は保険会社や保険商品によって様々な規定があるようです。

このような事から火災保険を選ぶ時には特約事項なども含め、いざという時にその保険が如何に機能して貸借人・賃借人を助けてくれるのか、慎重に選ぶべきでしょう。